ちゅら企画販売代表

ちゅら企画代表
大城牧子

お問合せ

メールはコチラから

sendan_aをフォローしましょう

定期お届けコース
ちゅら企画販売

ヤンバルの森の宝「センダン」

ヤンバルの宝センダンセンダン(栴檀)は、古くから生薬として利用されてきました。

樹皮:生薬の苦楝皮(くれんぴ)→解熱・駆虫剤として煎液を服用。

◆果肉:生薬の苦楝子(くれんし)→ひび、あかぎれ、しもやけに外用/整腸、鎮痛薬として煎液を服用。

◆葉:強い除虫効果があり、除虫に用いられていた。

「葉」以外は国内では医薬品に指定されています。しかし、薬として有効な物は、同時に毒となり得ます。センダンの葉には毒性があり、「センダンα」で使用される(センダン抽出エキスRE-110)は、この毒性のある葉から、この植物研究の第一人者の(生物資源利用研究所)根路銘国昭所長が開発した「有用な成分のみを抽出」する独自の技術(特許製法)により精製されています。

センダン、またの名を「ニーム」

センダンの実「センダン」はまたの名を「ニーム」 といい、世界的に農作物の安全性に対する関心が高まる中、センダンのこんな効果も注目を集めています。その中でも特出すべきは、ニームの木がもつ「虫を寄せ付けない忌避効果」です。農薬に頼らない栽培を目指し、「ニーム」を利用した害虫が寄り付きにくい環境作りが進んでいます。

農業資材としては、主にセンダンの実を絞り抽出した葉面散布用の「 ニーム オイル 」と、その絞りカスを利用した「 ニーム ケーキ(ニーム 顆粒)」土壌改良剤として使用されています。

また近年では、森林産業・地球の砂漠化の防止・病気の予防などに有効だと世界的に注目されています。
米国では、1985年にEPA(アメリカ環境保護庁)が正式に生物農薬として認可し、そのオイル(ニームオイル)を原料とした多様な薬剤が農薬登録されており、広く有機農法の一環として使用されています。

このことから、センダンは21世紀における有用な資源になると予言されています
(『ニームとは何か?』国際開発のための科学技術委員会 編著1980年;『アーユルヴェーダの世界』幡井勉編著2000年より参考)

科名: センダン科
別名: アフチ・オウチ
生薬名: クレンピ(苦楝皮)・クレンシ(苦楝子)
漢字表記: 栴檀
原産: ヒマラヤ原産
学名: Melia azedarach L.